転職のストレスを発散!向き合い方とは

転職のストレスを発散!向き合い方とは

外回りの女性
仕事はただでさえストレスを抱えがちです。

それに加え「転職」になると、将来への不安や良い企業に転職できるのか、上手くいっても職場の仲間と良好な人間関係を築けるどうか不安はつきません。これによりいつも以上にストレス状態に陥ります。

ストレス状態が続くと、睡眠がとれず頭が上手くまわりません。
そんな状態では、履歴書の作成や面接にも不安が残ります。

それを払しょくすべく、日頃からストレスを上手に発散することは大切。

ココからはストレスとの向き合い方についてお話します。

ストレスとは?

じつは医学的な定義がないのがストレス。
外からのプレッシャーや環境の変化から心に強い圧を感じることです。

慣れた仕事でも大きなプロジェクトを任せられたり、昇進のチャンスが巡ってきたりと緊張を強いられる場面ではストレスを感じやすくなります。転職も活動にあたり、自分のスキルがほかでも通用するのか、上手く転職できるのかといった不安からストレスを抱えやすくなります。

その中でも性格によっては、ストレスに強い人弱い人がいます。
ストレスに弱いタイプは、

・自信が持てない
・思ったことを言えない
・後悔することが多い(ネガティブ)

こういったタイプは要注意です。
もともとストレスに対して抵抗力がないため、転職の前に心が押しつぶされてしまう可能性もあります。

ストレスの対処方法!向き合い方とは

ストレスは緊張状態が長く続いているため、リラックスできる方法を探しましょう。

一番のオススメは日頃からの運動習慣です。
毎日ウォーキングをしている、自転車での通勤、筋トレが趣味、ヨガにハマっている等なんでもいいので身体を動かす習慣を身につけましょう。

心身ともに健康になり、自然と緊張状態も発散できストレスをなくしていきます。

しかし、中には仕事が忙しくてそんな時間がないという方もいるでしょう。
そんな方にオススメなのが、オフィスでもできる瞑想です。

その方法は簡単で、お昼時間やコーヒータイムなど、目を閉じて数秒間だけ何も考えず呼吸に集中していきます。たったこれだけで頭を整理することができストレスが軽減されていくのが分かります。

未来は誰にも分からない!後悔しない選択が吉

ストレスの多くはネガティブな思考からきています。
「プロジェクトを失敗したらどうしよう」「上手くいかないかも」といった将来に対する不安です。

どちらにしても、根本は上手くいきたい、成功させたいといった気持から来るものです。
それに向けて、一生懸命向き合っている過程は自分だけでなくほかの人もしっかり見ているものです。完璧に自分だけでやろうとせず、同僚や仲間に頼ってみることでストレスも軽減でき共有することで新しい観点のアイディアをもらえることもできます。

また、一番は失敗してもいいということ。

人間が死ぬ時、人生で「あの時、失敗しなければ」「別の道に進んでいれば」となるのは後悔から来るものです。

そのためもっとも重要なのは後悔しないこと。

生きているとたくさんの選択肢があり、わたしたちはそれを選択しています。
転職も同じく、くよくよと悩むのではなく、自分の胸に手をあてて後悔しないかどうかを自問自答することが大切なんです。

誰も未来のことも時間を巻き戻すこともできません。
豊かな人生を送るためには自分が納得いく選択を常にし続けることが重要なんです。

性格的にネガティブな方は、大きな決断のときには自問自答できる時間を用意してしっかりと自分と向き合っていきましょう。