外出自粛中の学び直し

外出自粛中の学び直し

資格勉強をする
いまどきの就職は、転職が当たり前の時代に。

昔のように一つの会社で定年まで過ごすという風潮は、時代遅れになっています。
とくに女性の場合、結婚したから専業主婦になると言う流れも今や昔の話。

たとえ大手会社に就職しても安心するのは早いです。

年金を受け取れる年齢もどんどん上がっていき、定年後再就職する人も増加しています。
そんな時、自分になにも武器がないと再就職が難しく、定年貧乏になりかねません。

そのため若い今のうちに、学び直すことを強くオススメします。

とくに今年はコロナの影響から外出自粛が続き、ワクチンが開発されるまで思いっきりハメを外すこともできません。

ダラダラと家で過ごすよりも将来へむけた資格や勉学に励むことで、将来への投資になります。

また学び直しと言っても、その方法はさまざまあります。
通信講座の受講、独学やセミナーの受講、大学や専門学校での学びなおしです。

それぞれでかかる費用も変わってきますが、筆者の経験上、お金が比較的かからない独学には強いメンタルが必要です。課題やテストが行われないため、自分で学びのスケジュールを組まなくてはいけません。そのため怠けるのも簡単なんです。

もともと勉学が好きという方以外に筆者がオススメしたいのは、専門学校や通信講座での受講です。とくに専門学校であれば、通学するという面倒はありますが、周りに切磋琢磨できるクラスメイトがいることで、心が折れそうなときに励みになってくれます。

また夜間の専門学校では、同じように日中は働いているという方が大半。
年齢も幅広く、自分よりも年上の方と知り合う良い機会にもなります。
授業を通してコミュニケーションをとることで、さまざまな角度で将来を考えられるヒントになるのです。

とはいえ、金銭面的な負担もあるため、お金が厳しいという方はローンに頼ることもあるでしょう。高いと金額だけをみるよりも、将来への投資と考え行動することをオススメします。

メンタルが折れる前に!

将来への投資と分かってはいても、仕事と勉学の両立は想像以上に大変です。
時期によっては、勉強することが面倒になってしまう、負担と感じることも多々訪れます。

そんなとき、一分、一行でもいいので「勉強」という形をとりましょう。
通学であれば、とりあえず学校までは行き、机に座るだけでもいいのです。

一番やってはいけないのが、休むということ。
一度でも休んでしまうと、それがクセになるだけでなく怠けグセがつき授業や目標にしていた試験までに仕上げることができなくなってしまうのです。

これにより結果的に通学できなくなってしまった、不合格になってしまったといった残念な結果に終わってしまう可能性が高まるためです。

もちろん、絶対休むなというわけではありません。
どうしても仕事が忙しく、バランスを取るのが大変となれば、休学や一週間だけ休む等まとまった休みをとることもできます。

リセットすることで改めて学校に通うことも苦ではなくなるのです。

学び直すなら!専門スキルを身につけよう

自粛期間中に学び直すとはいっても、やみくもではいけません。
資格だけ取得するマニアになっては意味がないからです。

最終目標は「収入を上げる」「ことです。
転職といった企業へ就職するだけでなく、起業することもできます。

どちらにせよ、誰もが持っている知識をいれるだけではいけません。
分野ごとの専門性を高めるスキルを身につけることが需要なんです。

頭で考えるよりもwebで検索してみる、実際に学校や現場に足を運んでみるといった行動をおこしていきましょう。

社会人の学び直しは、自分の意志で勧めることができるため、ルーティンに慣れると学べることを喜びと感じる場面も多くあります。

一番は学び直した後に見ける世界が全く変わっているということ。

知識は財産。

今の一歩が未来に繋がります。