転職エージェントは利用するべきなのか

転職エージェントは利用するべきなのか

転職エージェントに相談
転職経験者なら分かると思いますが、転職するには2パターンの方法があります。
それが「転職サイト」と「転職エージェント」です。

転職サイトは自分で求人情報を検索し、面接までの段取りを進めていきます。アルバイトやパートを探すときに利用される方も多く一般的です。

転職エージェントは利用者一人に専任のキャリアコンサルタントがつき、求人情報から書類作成、面接のアドバイスまでサポートしてくれるサービスです。

転職する人にとって、どちらを利用するほうがよりメリットがあるのかを筆者の経験をもとにお話ししていきます。

転職サイトと転職エージェントの違いとは

転職サイトでは、インディードが有名です。
地方によってはそれぞれの出版社が出しているアプリもあるでしょう。

一般的には、会員ページに登録し職種や地域を選択、さらに正社員や派遣、アルバイト、パートなのか条件を入れていき、オススメの情報が表示されます。

気になった企業をネットで検索していったり、履歴書作成から応募までをセルフで行っていきます。

一方、転職エージェントでは、個別でエージェントが一人つき就職までをサポートしてくれるサービスです。正社員はもちろん、派遣やアルバイト、パートまで面倒を見てくれます。

転職のアドバイスはもちろん、キャリアコンサルタントから直接求人を紹介されたり、書類作成のサポートや面接のアドバイスをしてくれます。本人が望めば面接に一緒についてきてくれる会社もあります。

それぞれのメリットについて

転職サイトと転職エージェントでは、メリットが大きく違ってきます。

転職サイトでは、自分で求人を選べ探せる、すぐに転職活動を始められるといったメリットがあります。

転職エージェントでは、さまざまなサポートや相談にのってくれる。
非公開情報を教えてくれる、書類作成や面接時のアドバイスをもらえるといったメリットがあります。

一見すると、転職エージェントが良いのでは?と思う内容ですね。
筆者もその一人で、転職エージェントを利用した経験があります。
しかし、すぐに後悔しました。
理由はさまざまですが、まず転職エージェントの担当者が経験不足だったということが挙げられます。

わたしの経歴を頭に入れていなかったことで、全く見当違いのお仕事を紹介されたり、はじめて面接に同行してもらった時も企業側の求職者情報を満たしていなかったとして門前払いにあったのです。

正直、恥ずかしかったですしエージェントなのにどうして把握していなかったんだと怒りさえ覚えました。

というわけで、エージェントも経験値で取引先との関係性が変わるというわけです。

結局のところ、筆者は転職サイトを利用し自分でセルフプロデュースすることで就職できました。

とはいえ、転職エージェントが悪いというわけでもありません。
ほとんどの場合はしっかりと経験値を積んでいる人が多いでしょうし、しっかりと向き合ってくれるはずです。

転職にあたり自分のやりたいことが分からない、今までのスキルがどんな職業に向いているのか、より良い条件の企業が知りたいといった方にはエージェントの利用がオススメです。そのほか、口下手で緊張してしまう、何を話せばいいかわからない、面接のアドバイスが欲しいという方も積極的に利用しましょう。

半面、やりたいことや入りたい企業が決まっている、地方で求人を探している、今すぐ転職したい、自己プロデュースに自信があるといった方には転職サイトがオススメです。

転職をしたいと考えるひとは、自分のことを自己分析できているひともおおく、今の会社の何が合わないから違い企業に就職したいという目的が明確です。そんな方は、まずは転職サイトからはじめてみましょう。