女性に人気のテレワーク業務

女性に人気のテレワーク業務

テレワークで働く
近年、テレワークは女性に大人気です。
その理由は多々ありますが、一番は仕事と家庭を両立しやすいということ。

とくに妊娠を考えている女性にとって、妊娠中の体調不良による休みや産休、育児休暇は必須です。しかし通勤が伴う会社出勤は、それだけで負担がかかります。

そこで注目を集めているのが在宅勤務できるテレワーク。

実際に出勤するわけではなく、自宅にいながらお仕事できるため、負担が少なく妊婦や小さなお子さんがいる女性は働きやすい環境なんです。

テレワークといっても、働き方はさまざまあり、実際の勤務のように9~18時までといった時間拘束がある場合と、有効期限までの出来高制、都度出来高制といった働き方があります。

そこで今回は女性に人気のテレワーク業務の種類や選び方について詳しくご紹介します。

テレワークの種類とは

テレワークには大きく分けて2つの働き方があります。

①勤務時間がある
②出来高制である

勤務時間が決められている場合、いくら自宅とはいえ自由に何でもできるわけではありません。自宅内で仕事用の個室を確保し、業務連絡がスムーズにすむようにインターネット環境も常によくなければいけません。場合によっては、Zoomなどを利用してミュートで仕事を勧める会社もあります。

それに反して出来高制は、期限内に仕事を完了すればOKです。
個室の有無は関係なく、仕事として質がよければ評価されます。
そのため小さな子供がいる子育て世代には特にオススメな働き方。しかし出来高制の場合、質を求められることがほとんどです。時間もかかりすぎると、時給換算で最低賃金を下回ることもあるため注意が必要です。

どんな職種がある?

現在、リモートワークにはさまざまな業界があります。

専門的な知識が必要なエンジニアやプログラミング、経理事務から、初心者でも働きやすいコールセンターやライター業務です。

また資格や学歴を問わないアンケート調査やWebサイトチェック業務、チャットレディなどは比較的誰でもできるため副業としても人気です。

その中でも、コロナの影響から人気急上昇なのがチャットレディ。

男性とメールや通話、TV電話をすることで収入を得る職業ですが、自粛によりシフトが減らされたパートやアルバイトの女性に今すぐ稼げると人気のお仕事。

ネット上のキャバクラと言われることもあり、飲食業経験者やキャバ嬢、風俗嬢といった夜の街に勤務した経験がある方にもオススメです。
実際にどんなサイトか気になる人は、コチラをチェックしてみてください。

完全出来高制で働いた分が報酬になりますが、サイトにログインしただけで稼げるわけではありません。登録男性とのやりとりする数で報酬が決まります。

チャットレディの月収も高い人で30~50万円以上、中には100万円という女性も。
始めたばかりの人でも、コツコツ頑張ればお小遣い程度は稼げるため、副業としてはじめるにはピッタリな職業です。

収入面で個人差はありますが、女性であればだれでも登録でき今すぐできるお仕事。収入面で不安があるという方は一度試してみる価値はありそうです。